2011年01月30日

サックス 練習での悩み

サックス 練習での悩み Q&Aより

Q:私は、期間的には初心者ではありませんが、1年半ずーと悩んでいることがあります。
  (なかなか、疑問や悩みはつきものなんですね)

A:サックスの練習をしていて、初心者の方は特にですがどうしていいかわからないと言う

方がたくさんおられます。この方のように1年半もずーと悩まれている方もいます。

 そのような方にこそ是非受けていただきたいですね。


Q:この講座を受講すると何度も質問してもいいですか?


A:はい、どんどん質問を投げかけてください。
  
最初は思うように「質問の仕方も分からない方もいらっしゃいますが、だんだんわかってきますので大丈夫ですよ。」


受講者の声
 「なるほど」っと思える丁寧な説明、絡まったヒモがするりとほどけるように解消されていく感じです。
 本当にありがとうございます。

 毎回質問攻めしてますが、2週間ごとに届く「応援メール」と「裏の掟」が
 練習のモチベーション維持に、バッチリ役立ちました。



Q:サックス歴は2〜3年なんですが、今も悩んでいるのが音色というか音抜けです。
  
また、こんな質問をして笑われないかと心配です。

A:あなただけではないですよ。多くの方がその壁にぶつかってらっしゃいます。

  私もそんな経験から他の人にも分かりやすく伝えることができないだろうかと施行錯誤しました。


受講者の声

  どんなに稚拙な質問にも親切丁寧なお返事をいただきました。本当に感謝しております。
  経過報告なのですが、初めて30日目くらいに、いつものようにメールにて相談、その件の
  丁寧な指導をいただきましたその夜、早速実践したところ、まさにその瞬間にブレークスル―
  開眼したように思います。


サックスを練習し始めて初心者であろうとも、1・2年経過した人でも、悩みはつきものです。
だったら初心者のうちから、いかに短期間で、よい音が出せるか。

いや、良い自分の音を作ることができるか。帰ってくせのつかないうちに
しっかりと良い音ができる方がいいですよね。


サックス初心者にとっても大きな支えとなる教材を見つけました。

よかったら、覗いてみてくださいね。↓↓
あなたのサックスの音が90日で人に認められる音になる方法【特別講座】
posted by saxbegin at 18:08| サックス 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

サックスを始めたい

Q サックスを始めたい

  サックスを始めたいのですが、練習場所や楽器の値段など、とっつきにくい感(イメージ)があります。
  費用や練習場所について教えてもらえませんか?


A サックスはバリトンからソプラニーノと言われるものまで5種類あって、一般的にはテナーサックスとアルトサックスが有名です。

  練習場所は、レッスンを受けているなら楽器屋さんのレンタルスタジオ、カラオケボックスなど。
  公共施設などの音楽室なども予約できれば使えると思われます

  サイレントパック(専用消音セット)というのがあるみたいなので、どうでしょうか?

  サックスの値段は、安価なものから高価なものまであるようです。
  最初は入門セットで始めてはいかがでしょう。
    たとえば、サックス 価格 検索、 アルトサックス 激安 検索など
posted by saxbegin at 15:34| サックス初心者Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

サックスとは?

サックスとは、金属製の木管楽器の一種で、楽器としての歴史は浅いです。

正式名称はサクソフォーン(saxophone)といい、サックスさんの笛という意味になるそうです。
サックスは、ジャズでは花形楽器であり、クラシックではラヴェル「ボレロ」のソロが有名です。
サックスの生みの親は、1840年代にベルギーの楽器制作家のアドルフ・サックスが考案し
特許を取得しました。

サックスは、クラシック音楽からポップス・ロック・ジャズに至るまで、様々な分野の音楽で
用いられています
中でも、吹奏楽やビックバンドでは欠かせない存在であります。ソプラノ、
アルト、テナー、バリトンの4本のサクソフォーンで演奏されるサクソフォーン四重奏は、音
色の
均一性やアンサンブル能力の高さが買われています。
一人で楽しんだり、みんなと合奏するにもいいですし、多くの曲の演奏が楽しめます。

タグ:サックス
posted by saxbegin at 20:00| サックスとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。