2011年01月16日

サックスとは?

サックスとは、金属製の木管楽器の一種で、楽器としての歴史は浅いです。

正式名称はサクソフォーン(saxophone)といい、サックスさんの笛という意味になるそうです。
サックスは、ジャズでは花形楽器であり、クラシックではラヴェル「ボレロ」のソロが有名です。
サックスの生みの親は、1840年代にベルギーの楽器制作家のアドルフ・サックスが考案し
特許を取得しました。

サックスは、クラシック音楽からポップス・ロック・ジャズに至るまで、様々な分野の音楽で
用いられています
中でも、吹奏楽やビックバンドでは欠かせない存在であります。ソプラノ、
アルト、テナー、バリトンの4本のサクソフォーンで演奏されるサクソフォーン四重奏は、音
色の
均一性やアンサンブル能力の高さが買われています。
一人で楽しんだり、みんなと合奏するにもいいですし、多くの曲の演奏が楽しめます。

タグ:サックス
posted by saxbegin at 20:00| サックスとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。